憧れの輸入住宅を手に入れるにはどうすべき?そんな方に輸入住宅のあれこれを教えます!

このサイトでは、憧れの輸入住宅を手に入れるために知っておきたい情報を色々とのせており、知識を身につけておくといざという時に役立ちます。
実際に動き始めた時の相談先として専門メーカーがおすすめであることや、会社選びをする際に見極めるべきポイントについても解説しており、購入費に関しても述べています。
購入したいけれど費用面が不安だという場合には、こちらのサイトで相場をチェックして現実的な額かを判断するのがお勧めです。

憧れの輸入住宅を手に入れるにはどうすべき?そんな方に輸入住宅のあれこれを教えます!

憧れの輸入住宅を手に入れるために知っておきたいあれこれとして、様々なスタイルがあることを事前に学んでおくことが大切です。
北米スタイルやヨーロッパスタイルというようにいくつかの種類があり、その種類によって特徴が異なります。
使う材料や仕上がりの雰囲気も随分異なり、それらが作られ始めた地域に合うような形になっています。
いずれの形式の輸入住宅でも日本の風土にはよくなじみ、暮らしやすい家づくりができますので、好みに合わせて選ぶべきです。

おしゃれ!断熱性や気密性にも優れる!輸入住宅には魅力的なメリットがいっぱい!

近年輸入住宅の人気が高くなっています。
映画やドラマで見るようなおしゃれな家に住むことができますし、多くのメリットがあるので何もおかしくないです。
そこで、輸入住宅にはどんな魅力があるのか見ていきます。
1つ目は断熱性や気密性に優れており、快適に生活できることです。
長時間エアコンを使用しなくて済むため、エコな住宅として評価されています。
2つ目は面と面を合わせて作られている工法なので、強度がかなり強い点です。
日本はどこに住んでいても大きな地震が発生するリスクがあるので、日本に適した住宅だと言えます。
輸入住宅であれば、大きな地震が発生しても倒壊することはほとんどないです。
3つ目は開放的でゆったりした空間の家になることが挙げられます。
日本の一般的な住宅より広いため、生活していて狭いと感じません。
窓や廊下などもこだわることができて、理想の家にすることが可能です。
メリットがたくさんあるので、詳しく調べてみるべきです。

リフォームや修繕そしてコストは?輸入住宅で後悔しないためにデメリットもチェック!

お洒落な外観デザインやスタイリッシュな室内空間など、ワンランク上の憧れの生活を実現できると考えられている輸入住宅ですが、もちろんメリットだけではなくデメリットも存在しています。
それらも事前にしっかりと理解して納得した上で輸入住宅を選択することが必要となりますので、いくつかの項目をチェックしておきましょう。
一般的な建築資材を使用して建てられている普通の日本の住宅と比較すると、輸入住宅の場合にはリフォームを行う場合に使われている資材を再び輸入しなければならないケースがあります。
また内装や住宅設備も輸入品としている場合にも、修理費用が高額となったり修繕そのものが困難な場合も考えられるなど、住み始めてからしばらく経過してから発生する可能性のあるトラブルへの対処にデメリットが大きく後悔するケースもあるものといえます。
もちろん、相応の性能を有する国産の代替品を使用するなどで対応は可能ですから、すぐに住めなくなるなどの大問題にはなりませんので安心してください。
国産品にはない魅力とそれを維持管理するコストとの天秤で輸入住宅を選択して後悔しないかどうかが、一つの判断基準となります。

そもそも輸入住宅とは何か?その特徴や傾向を理解しよう!

輸入住宅とは海外の建築コンセプトを具体化した住宅を意味し、構法や建築資材、デザインなどの家づくりのあらゆる部分にそのコンセプトが反映されています。
そのため、このような住宅を建てる場合は資材やパーツは海外から輸入するのが特徴です。
北欧や南欧、北米の家づくりをコンセプトにしたメーカーが人気を集めています。
近年ではローコストで憧れの輸入住宅を建てられることを謳い文句にしている住宅メーカーも登場していますが、原則として一般的な日本の家づくりよりも割高になる点は注意が求められます。
なぜなら、輸入住宅がゆとりのある住空間をコンセプトにしていることが多く、広めの土地を保有していることが前提条件とされることが多いからです。
また、近年では建築資材や輸入コストが高騰しているので、従来よりも高額な費用が発生するケースが多いでしょう。
このように費用面ではデメリットが多い輸入住宅ですが、広々とした空間や優れた断熱性能という意味では日本の一般的な家屋よりも優位性があります。

一口に輸入住宅といってもスタイルは色々!まず大きく2つのスタイルを知っておこう!

輸入住宅にはいくつもの種類があり、それぞれの好みや取り入れたい材料等を考慮して選ぶべきです。
最近の王道となりつつあるのが北欧スタイルであり、家具関連でも非常に人気があります。
白をモチーフとしたものが多く、シンプルでありながらも洗練されたデザインが特徴的です。
木が本来持つ温かみや風合いを最大限に引き出すようなつくりになっていて、飽きの来ないデザインにも定評があります。
冬を快適に過ごすための工夫が色々となされていて、断熱性や気密性、三層の窓等は注目したいポイントです。
ファブリックにはカラフルな色も取り入れられていて、可愛らしいデザインも多数あります。
フランスの田舎をイメージしたフレンチカントリーやプロヴァンス風の南欧スタイルも、輸入住宅の中で人気があります。
オレンジ色や赤、茶色などの瓦屋根が特徴的であり、全体的に可愛らしい雰囲気を持つ家に仕上がっているものが多いようです。
アイアンパーツも南欧風アイテムとして重宝されています。

著者:川越政一

筆者プロフィール

神奈川県厚木市生まれ。
昨年地元に夢の輸入住宅を建設。
自分の体験をもとに輸入住宅の魅力をネットで発信しています。
輸入住宅を神奈川で探す